普段口にしている言葉の重要性

あなたは、人生がうまく行ってますか?

もし、人生がうまく行ってないとしたら、あなたの普段口にしている言葉が原因でもあります。

 

普段から口にしていることが現実になります。

「あっ!ダメだ。」とか「あっ!失敗した。」とかが口癖だったら、ダメなことや失敗することばかり起きて来ます。

 

「頭に来る!」が口癖なら、頭に来ることがたくさん起きて来ます。

「大変だ。」が口癖なら、大変なことばかり起きて来ます。

 

言い訳も同じです。

「時間が足りなから。」「○○だから。」と言う言い訳も、口にした通りの悪循環に陥ります。

 

愚痴も最悪ですね。

愚痴が多い人は、幸せになれません。

 

愚痴を言ったら、その通りのことを潜在意識が完璧に再現し続けるでしょう。

 

自分への悪口、他人への悪口、社会への悪口、上司への悪口、後輩への悪口、旦那・嫁への悪口みな全部そっくり自分に返って来ます。

口は災いの元とも言いますが、他人に言うだけじゃなく、自分が聞いていても災いを招くのです。

 

自分で口にしたことを、潜在意識が完璧に再現するからです。

 

その逆も真理です。

一切マイナスな言葉を使わないで良い言葉しか使わない人は、マイナスなこと嫌なことは起こりません。

 

そう言う人は、マイナスに見える出来事もプラスに変えてしまうことが出来るのです。

また、いつもプラスの言葉だけを口にしていると、人生良いことだらけになって来ます。

 

人生うまく行っている人は、みなプラスの言葉しか話しません。

うまく行っているからプラスの言葉が出てくるのではありません。

 

どんな状況におちいってもプラスの言葉しか使わないから、人生がうまく行って成功するのです。

どんなピンチの時でも、「絶対大丈夫うまくいく。これで良かった。」「これを機に私の人生は、ますます良くなる。」と言って切り抜けましょう。

 

自分の潜在意識が聞いている

なぜ普段口にしている言葉が現実化すると言えば、潜在意識が聞いているからです。

思わず「頭に来る。」とか言えば、無意識のレベルで言葉を発しているので、瞬間に潜在意識に浸透してしまうのです。

 

意識して言っても、何回も口にすれば、潜在意識に浸透していきます。

悪口などは、どちらかと言うと、思わず口にしてしまうので簡単に潜在意識に浸透します。

 

そうなると、その悪口がまた言いたくなるような現実が現れるのです。

悪い言葉の悪循環のサイクルに落ちていく訳です。

 

もし思わず悪い言葉を発して、例えば「頭に来る。」と言ってしまったら、すぐに「頭に来るは無し、全然大丈夫、これで良かった。」と言いましょう。

そうすることで、悪い言葉を潜在意識に浸透させることが防げます。

 

ただし、間を開けては効きません。

できるだけ早く言いなおしましょう。

 

そうやって、良い言葉だけを使う習慣をつけることが、人生を幸せに生きるコツです。

 

頭に来たり悪く思うのは、すべて自分のせい

頭に来たり、悪口が出ると言うのは、実は他人のせいでは無いのです。

もちろん、自分のことを責めるのは自分のせいです。

 

この世は、写し鏡と言って、自分の思っていることが現実となって現れるのです。

ですから、頭に来たり他人の悪口を言わなければならない現実は、自分の心を反映しているのです。

 

例えば、自分が「こうあるべきだ。」と強い観念を持っていたら、やはり「こうあるべきだ。」と強い観念を持っている人に苦しめられるのです。

思わず口にする言葉と言うのは、普段から自分が思っていることなので、自分の思っていることが現実となっているだけなのです。

 

ですから、人生を幸せに生きたいなら、相手を変えるのではなく、自分を変えなければ人生は変わりません。

自分が良い方に変われば、すべて周りも良い方へ変わります。

 

最初は、普段から口にする言葉に気をつけましょう。

どうしても悪い言葉を使ってしまう人にも直す方法があります。

マイナスの想念をプラスに変え、幸せで楽しい人生を送れるようになります。

 

「自己受容」を行う

自分や他人を悪く思うと言うのは、実は自分のある部分を許していないから起こるのです。

グズグズしている人を見ると頭に来るとすれば、自分の中のグズグズしている自分を許していません。

認めようとしないのです。

 

自分の中のグズグズしている自分を許して愛せるようになれば、そう言う人にあっても頭に来ません。

自分の中の許していない部分を許して認めてあげることを自己受容と言います。

 

やり方は、こちらの記事に書いてあるので実践してみてください。

頭に来たり悪口を言うことが無くなって来ます。

 

私は「自己受容」で、人間関係のストレスは全く無くなりました。

 

「瞑想アファメーション」を行う

自分を責めてしまう人の場合、自分に自信が無いからだとも言えます。

自信満々の人は自分を責めたりはしません。

 

自信の無い人でも、自信満々の人間に変わる方法があります。

それが「瞑想アファメーション」です。

 

瞑想をすると潜在意識のフタが開きます。

その時に無言のアファメーションで、自信の種を潜在意識に植え込むのです。

 

良い言葉を口にしても、心の底ではそう思えないなんて人は「瞑想アファメーション」は必須です。

そう言う人でも実践すれば必ず自信満々の人生になります。

 

私も、病気になって9年間も働くことができず、全く自信の無い人間になってしまいマイナスな言葉を吐く人間でしたが、「瞑想アファメーション」を行うようになって短期間で自信満々の人間へと変貌をとげることが出来ました。

 

「普段からのアファメーション」を行う

普段の言葉が人生を決めると言う、このタイトル通り、常に口にしている言葉通りの人生になります。

良い人生、楽しい人生を歩みたいなら、普段から常にアファメーションを行いましょう。

 

今まで、私はいろいろな言葉でアファメーションを試しましたが、最強のアファメーションの言葉3つを選びました。

私は、この3つの言葉を1カ月毎日笑顔でつぶやいていたら副収入が2つも入るようになりました。

 

その3つの言葉が載っている記事がこれです。

 

人生は普段の言葉で決定される

良い人生を送りたければ、普段から良い言葉プラスの言葉だけを口にしてください。

そうすれば必ず良い人生になります。

 

普段から口にしている言葉の通りの人生になります。

逆を言えば、人生は自分で良くすることが出来るのです。

 

神様、教祖、占い師、ヒーラーに依存しているうちは、本物の自分の人生とは言えないし、本当の幸せはつかめません。

自分を信頼して、自分で行動ができる人の方が、神様や天使から応援されます。

 

人生を良い方向に変えるのは、自分自身の他はありません。

自分の手で、人生を良い方向に変えて行きましょう。

 

人生を好転させ、楽に楽しく幸せになる方法「宇宙とつながり幸せになる11ステップ」を無償で公開しています。

是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事