(上級者向け)

悟りのことを語られる方はたくさんいますが、真の悟りとは超能力や才能が開花することではありません。

真の悟りとは、すべてを認めてそれを府に落とすだけのことです。

「悟る前に、お茶を飲み薪を割る。悟った後に、お茶を飲み薪を割る。」と言う言葉があるように悟れば人生が変わると思わない方が良いのです。

しかし、悟り切ることが出来れば人生は変わるかもしれないし、幸せになるかもしれません。

なぜなら、悟りの境地に達することが出来れば、心の内面が180度変わってしまうからです。

ですが悟りとは、能力を得たり、人生を変えるために行うものではないのです。

能力を得ようとか、人生を変えたいと思う気持ちに悟りは無いからです。

でも、気持ちとは裏腹に、悟りきれば人生が変わってしまうようです。

矛盾にも見える悟りの真理を詳しくご説明いたします。

悟りとは、「すべてが一つ」と認識することから始まる

スピリチュアルでは良く「すべては一つ」と言われています。

この言葉が、心底から府に落ちていない限り、真の悟りは起こりません。

 

仏陀もキリストもこの言葉を認識していました。

しかし当時は、誰もこの言葉を理解しようとはしなかったのです。

 

すべては後世に歪んだ形で伝わりました。

「すべては一つ」を理解するには、宇宙意識を理解しなければ解ることはありません。

 

すべての物事は「すべては一つ」に帰依します。

これは宇宙(創造主)に帰依することを意味します。

 

仏法での本当の帰依とは、自分が全くの「すべては一つ」になると言うことなのです。

ここに帰依することが出来ない限り、真の悟りは得られません。

 

すべては一つが府に落とせるように、宇宙意識のお話をしたいと思います。

 

宇宙意識を知ることで、すべては一つになる

宇宙意識とは、138億年前のビッグバンから創造し拡大し続ける、広大で無限で神秘で、人知では決して推し量ることのできない、偉大な存在です。

宇宙根源の波動とは、この宇宙を造り出し、さらには人間・動物・植物、鉱物、惑星など宇宙に存在するすべてを、創り出した創造主のことになり、これが宇宙の意識なのです。

 

なので、この宇宙にあるものは、すべて宇宙根源の意識(波動)で出来ているわけです。

この地球上でも、すべてのものが同じものであり、すべてがつながっています。

 

あなたも相手も動物も植物も石であろうと、皆同じ意識のもとでつながっていて、同じ宇宙の一部なのです。

このことが深く理解して、府に落とすことが出来れば、この世には宇宙意識以外は存在していないことが解ります。

 

では、なぜこの世界は、私と他人とまたは人それぞれと分離して別れているのでしょうか?

なぜ私個人が存在するのでしょうか?

 

なぜ私個人が存在するのかお話しします。

 

宇宙意識が分離を経験するために生まれてきた

多くの人が、この人生は苦しみの連続だと思っているのではないでしょうか?

なぜ、この世界は苦しみの連続なのでしょうか?

 

それは宇宙意識が、苦しみを体験したいと思い人として生まれてくるからです。

宇宙(統合の世界)から苦しみ(分離の世界)を体験するために生まれてくるのです。

 

だから全員が、苦しみ(分離の世界)を体験しやすいように設定されているのです。

何故ならば、宇宙は安心感に包まれて穏やかで幸せな意識でしかないからです。

 

宇宙意識は愛そのものでしかないのです。

100%愛でしかなければ、自分が愛だと言うこともわからないのです。

 

そこで宇宙意識は考えました。

「自分と他人と分離して、憎しみ悲しみ怒りなど愛以外のものを経験してみよう。」と。

 

そこで地球と言う幻想の星が生まれたのです。

地球は憎しみ悲しみ怒りなど愛以外のものを経験するためにあるバーチャル空間なのです。

 

今は、私と他人と別れて見えますが、魂レベルでは一つの存在でしかないのです。

本当の世界では、誰も存在していないのです。

 

本当には、この世界にはたった一つの意識しか存在していないのです。

自作自演で、愛以外のものを作り出し経験して楽しんでいるのです。

 

あなたが悲しい映画や暴力的な映画や怖い映画を見て楽しんでいるように、宇宙意識がこの世界を見て楽しんでいるのです。

この現実世界は映画と同じなので、あなたは役を与えられ役を演じているに過ぎません。

 

正義の警察官の役もあれば、それに逆らう極悪人の役もあります。

アドルフ・ヒトラーもビン・ラディンも役を演じた宇宙意識にすぎません。

 

事実上は、この世界には悪人は一人もいません。

なぜなら、映画で何十人も虐殺をする悪人を演じても刑務所には入らないからです。

 

この世界は全く嘘のバーチャル空間なので、この世界で犯罪を犯しても、死んで宇宙に戻れば宙意識に帰るだけなのです。

仏陀もキリストもそれをわかっていました。

 

仏陀の当時から、この世は幻想であると言っています。

 

この世のシナリオは思考と言う形でやってくる

皆さんは、自分で考えて自分で生きていると思っていますよね?

すべて自分が考えて決めたことだと。

 

本当に自分で考えたことでしょうか?

あなたは常に自分で考えて判断する時に、判断材料として浮かんでくるのは3つか4つくらいの選択肢しか浮かばないのではないでしょうか?

 

本当に自分が決めたと言うなら、なぜ100とか1,000とか10,000の選択肢の中から選ばないのですか?

それは、最初から思考が3つか4つくらいしかやって来ないからです。

 

あなたは、やって来る狭い思考の選択肢の中からしか行動できないのです。

それはテレビゲームと同じです。

 

4つくらいの選択肢が画面に出て来て、それを選ぶと結果が変わって行くゲームなのです。

テレビゲームと同じことを、この現実世界でやっているに過ぎません。

 

思考とは、シナリオを運ぶ伝達の道具に過ぎません。

思考は、本来のあなたでは無いのです。

 

思考とは、あなたがシナリオ通りにゲームから逸脱しないように引導するものです。

あなたは、思考によって決められた人生を歩まされているのです。

 

脳とは、単なるその受信装置です。

じゃあ、誰が思考をあなたに送っているのでしょうか?

 

それは、宇宙(創造主)です。

宇宙が愛以外を体験したいがために、この世界を作りました。

 

宇宙が体験したいことを、私たちが代わりに行っているだけです。

なので、人それぞれに役割があります。

 

みんなが金持ちや幸福になってしまったら宇宙はすべてを体験できないのです。

全員が幸せになったら、この地球を作った目的が果たされません。

 

ただし、宇宙(創造主)が地球での苦しみを味わう体験に飽きて来て、「もういいや。」と思えば、全員が幸せになるようにすることはあります。

それが今言われているアセンションなのでしょう。

 

今の時代は多くの人が宇宙を意識する時代になりました。

本当に全員が幸せになる時代が、訪れたのでしょう。

 

私は、瞑想アファメーションと自己受容と波動を上げることで、人生を変え幸せになれると言ってきました。

矛盾するようですが、嘘ではありません。

 

このサイトを知り、私のメソッドで人生が変わって幸せになったのなら、それは宇宙がそう言うシナリオを書いたと言うだけなのです。

宇宙がシナリオを書かなければ、私のサイトにたどり着くことは無いし、仮にたどり着いても興味を示しません。

 

宇宙の意思の通りにしかならないのです。

ただし、思考の1回の選択肢は4つくらいですが、幸せな人生の選択肢を選ぶことは可能です。

 

その瞬間に選ぶ選択肢によって、バッドエンドとハッピーエンドに別れます。

なので、波動と思考を変えて行けば、ハッピーエンドになることができます。

 

真の悟りの境地とは

真の悟りの境地とは、あなたが人生の行為者では無いと腑に落とすことです。

この世に、行為者はいません。

 

行為者がいるとすれば、宇宙(創造主)一人だけです。

この世は実際は、宇宙(創造主)だけしか存在していないのです。

 

私もあなたも存在していません。

「すべては一つ」と口にしながら、それを言わない人は偽物です。

 

スピリチュアルで言う「すべては一つ」が本当なら、一つの存在しかないではないですか。

宇宙(創造主)以外は存在しないから「すべては一つ」なのです。

 

私とあなた、私と神が存在するなら、分離していて、すべては一つとは言えないと思いませんか?

本当に、すべては一つなら、一つの存在しかいないのです。

 

なので、すべての人の考えは、すべて宇宙(創造主)の意思なのです。

逆に言えば、宇宙意識の意図以外の考えは生まれてこないのです。

 

ですから今まで、あなたが取って来た行動は、あなたには責任がありません。

罪を犯しても、あなたが犯したのではありません。

 

宇宙(創造主)が経験するために、あなたに思考を通して罪を犯させました。

あなたは、すべて宇宙(創造主)のいいなりなのです。

 

操り人形に過ぎないのです。

なので、どんなミスをしても自分を責める必要はありません。

 

なるようにしかならないのです。

努力して成功する人は、努力して成功する体験をするために創造されました。

 

努力しても成功できなかった人は、成功できないを経験するために創造されました。

「なんで俺だけそんなひどい目に合うんだ!」と思うかもしれません。

 

しかし、本当は「俺」は存在しないのです。

体験をするために宇宙(創造主)が、あなたの姿をしているだけなのです。

 

この世界は、すべて自作自演です。

本当の役者は、一人しかいません。

 

1人で何役もやっているのです。

霊能者が見える、神や仏も同じです。

 

宇宙(創造主)が役として現れた幻想です。

霊能者が見ているものも幻想に過ぎません。

 

この目で見えるものは、すべて幻想です。

幻想を、拝んで奉っているのですから、滑稽な話でもあります。

 

昔から「仏に会ったら、仏を殺せ。」と言われています。

昔の人も、出会う神や仏もすべて幻想だと知っていたのです。

 

すべてが夢幻で、存在は一つしかなく、宇宙(創造主)の意思の通りにしかならないのなら、あなたは、一切の罪はないし、一切責任を感じる必要がありません。

あなたが、どんな悪行をしてきた人でも、それを理解し、自分に罪を感じることなく、自分に責任を一切感じないなら悟ったと言えるでしょう。

 

悟りとは、善人悪人に関係なく得ることができます。

すべての煩悩から解放されるとは、そのことなのです。

 

自分は、行為者では無いと悟った時に、すべての開放が始まります。

自分と言う分離した存在に意識を向けているうちは、悟ることはありません。

 

自分は、行為者では無いと腑に落ちた時に、解脱が始まります。

そうなれば、悩み・執着・迷い・苦しみは無くなります。

 

ただし、自我(エゴ)がなくなると言うことはありません。

ただ、あまり自我(エゴ)が現れなくなるでしょう。

 

無理に自我(エゴ)を滅っせないで、受け入れてください。

自我(エゴ)が出ても、入り込んでとらわれなければ良いのです。

 

何か出てきた思いを引きずったり考え込んだりしないで、そのまま流せばいいのです。

それは腑に落ちていれば出来ます。

 

どうやったら悟りを、腑に落とせるか?

どうやって悟りを腑に落とすのか?

それは瞑想が一番です。

 

ただ単に瞑想しただけでは難しいです。

目をつぶっている時でも、目を開けている時でも、宇宙(創造主)=魂=すべては一つの存在を感じるように意識してください。

 

それらは、ただ存在する。

「それは在る。」と言う感覚を養ってください。

 

瞑想状態になれば、安心感に包まれた「それは在る。」が感じられます。

普段の生活の状態でも、「それは在る。」を感じられます。

 

自分と言う枠だけでなく、この世界全体に広がる本当の魂=存在を感じてください。

全体を感じることが難しければ、胸の奥のハートの意識を感じてください。

 

常に胸の奥のハートに意識を向けてください。

その時に、思考は自分の存続をかけて、その考えを潰しにやってきます。

 

その時は、「誰が、そう思うのか?」と自分に問いかけてください。

「私だ。」と返って来たら。

 

「私とは誰か?」と自分に聞き返してください。

これは、インドの覚者ラマナ・マハルシのやり方です。

 

「私とは誰か?」と問いかけることによって、自分と言う分離した存在ではなくて、本当の魂=宇宙(創造主)=存在に気づいて意識することが出来ます。

それらを繰り返すと、あまり思考が起こらなくなり平穏で穏やかな気持ちになります。

 

瞑想とその問いかけを繰り返すことで、悟りは加速して行きます。

まだ探究者であるうちは、いろいろ本を読んで勉強して見てください。

 

瞑想のやり方をサポートする記事やお勧めの本の記事もあります。

参考にしてください。

 

悟りに達した後はどうなる?

悟った後は、どうなると思いますか?

人によります。

 

宇宙(創造主)の経験したいようにしか、物事は動きません。

なので、悟った後も宇宙(創造主)の意思のまにまにです。

 

だから、力んで生きたり、焦ったり、不安になることもないのです。

逆立ちしても、宇宙(創造主)の意思の通りにしかなりません。

 

この言葉を覚えておくと良いでしょう。

「起こるものは起こる。起こらないものは起こらない。」

 

そうなれば、あらゆる物事を超越できるでしょう。

ものごとを簡単に捉えることが出来るようになります。

 

悟った後は、どうしたら良い?

あなたは、行為者では無いのですから、流れに任せるだけです。

宇宙(創造主)があなたにとって良いようにしてくれます。

 

悟ったあなたは、宇宙(創造主)に帰依しました。

それは宇宙(創造主)にとっても喜びです。

 

なので宇宙(創造主)は、あなたのことを悪いようにはしないと思います。

仮に死ぬような悪いことがあっても、悟って宇宙(創造主)に帰依したあなたは、どんなことが起きようとも何とも思わないでしょう。

 

この世に、問題など存在しないのです。

すべてが自作自演の夢幻の舞台だからです。

 

なので、あなたとしては「何もしない。」を選択するでしょう。

あなたとしては何もしなくても、宇宙(創造主)の作った流れにより、あなたは何か行動するでしょう。

 

私も、ブログと言う形で情報発信しています。

でも行為者ではないのです。

 

流れに任せきれば、すべて良しなのです。

 

悟りの境地とは、まとめ

真に悟った人は、すでに行為者では無いので、悟った喜びも、悟った感動もありません。

悟ったと公言する人は、悟ったと思い込んでいるだけの場合が多いです。

 

「悟る事、毎回いとまなし。」と言う人は悟っていません。

悟っていないから毎回悟りに似たことを体験したと思うのです。

 

悟りを開くとは、「悟りなんて無かった。」と腑に落ちることです。

なぜなら行為者はいない、すべては一つだったからなのです。

 

「はじめから悟りなど無い、すべてが完璧で完全だった。」とわかることが悟りです。

悟りに近い状態を知るには、私は行為者ではないと言うことが腑に落ちてきているので、今まで夢中で悟りを探究して来たのに、どうでもいいやと思い始めて探究をやめたら悟りに近いとも言えます。

 

そのために探究をわざとやめても意味がありません。

心から自然に、悟りなど、どうでも良くなることでしょう。

 

「すべてが一つなら、行為者も世界に一人しかいない。」と言うことが腑に落ちたことを悟りと言います。

私もあなたも存在しません。

 

あるのは宇宙(創造主)がただ一人存在しているだけなのです。

 

それが本当の

宇宙(創造主)=神=人

の本質の元です。

 

これらを腑に落とすのは、難しいことではありません。

自然の成り行きに任せて大丈夫です。

 

私の場合ですが、「私は存在しない。宇宙(創造主)があるのみ。」と言うのが腑に落ちたら、人生で楽しい事柄がたくさんやってくるようになりました。

人生を諦めきって、宇宙に帰依して、私の存在が消えたら、毎日楽しいことが起きるようになってしまいました。

 

正直に言って、誰もがそうなるのかはわかりません。

 

私は今は、好きなことだけをやり、毎日楽しく幸せに生きています。

そんな、ストレスフリーになる方法を、公開しています。

 

それが、人生が好転して、楽に楽しく生きることができる『宇宙とつながり幸せになる11ステップ』です。

ぜひご読んでください。

波動があると人生が好転する!波動を3倍にする瞑想アファメーション
波動があると人生が好転する

・人生が辛い

・自分が何のために生きているか分からない

・いつも疲れて、いつも自信がない

 

そんな時に使えるのが『瞑想アファメーション』です。

瞑想アファメーションを使って人生を好転させたい!と思っている方、まずは無料のメールマガジンにご登録ください。

ブログには書いていないことや、ブログでは表せないニュアンスが詰め込まれています。

 

 

 

SNSやってます。私の体験したこと、宇宙に関してを発信しています。

私が体験したこと、宇宙に対しての気づき、楽に幸せになる方法を伝えています。

  • 人間関係で悩んでいる人
  • 人生が終わったと感じる人
  • 楽しいことを見いだせない人
  • 生きてるのに苦しさを感じる人

このような悩みを持っている人は是非フォローしてください。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事